モビット 審査 >> 安定した収入があってもモビットで審査落ちしてしまう理由

安定した収入があってもモビットで審査落ちしてしまう理由

キャッシングは誰でも利用できるものではありません。必ず審査を通過しなければならず、人によっては審査落ちをしてしまうこともあります。ただ継続した収入があれば、公務員や正社員ではないパートやアルバイトでも申込みをすることができます。しかし専業主婦や無職の場合は無収入となりますので、審査落ちしてしまうでしょう。

モビットの審査では、安定した収入があるかが重要となります。ただ収入があるのに審査落ちをしてしまうケースもあります。考えられる第一の原因は、総量規制にひっかかってしまうこと。年収の3分の1以上の借入れはできないと定められているため、年収の低い方は注意です。モビットの利用限度額は500万円までありますが、あまり高めに設定すると審査落ちしてしまいます。欲張らずに身の丈にあった金額にすることが大切です。また他社から借入れがすでに年収の3分の1近くある場合も、総量規制にひっかかり審査落ちしてしまうと考えて良いでしょう。

そして勤務年数が短いことも、モビットでの審査落ち原因になることがあります。最低でも半年はないと厳しいかもしれません。勤務年数が長いとこれからもそこで働き続けると考えられ、安定した収入が望めます。しかし現在の職に就いてから1ヶ月、2ヶ月程度しかないと、すぐに退職してしまうかもしれないと判断されてしまいます。退職=収入がなくなり、安定した収入がなくなってしまうことになります。そのためモビットでは、審査落ちしてしまうのです。

メニュー

リンク集